光の出力レベル調整によって欲毛の効果がどれだけあるのか? 解説します!
ホームボタン
自己処理はサロンに行く前の常識?!

自己処理はサロンに行く前の常識?!

脱毛サロンに行くときに自己処理してきてくださいと言われた時には、電気シェーバーを使うことをおすすめします。

電気シェーバーでの処理なら肌にかかる負担が少ないため、エステに行ったときに炎症が起こっていて当日になって施術が出来ないということが無くて済むでしょう。電動シェーバーを持っていないなどで、他の方法で無駄毛処理を行うとするなら、予約の前日ではなくて、数日前に自己処理をした方がいいと思います。多くの脱毛サロンで使用されて定評を得ている脱毛法が光照射を利用した光脱毛です。

光脱毛とは、特定の波長を有する光を瞬間照射することで光の有する熱エネルギーを毛根の黒い色素に吸収させ、脱毛を促進する脱毛法のことを意味します。今までの脱毛法に比較して、痛みや肌へのダメージが少ない脱毛法ということで高い評価を得ています。毛深いのを何とかしたいという場合、永久脱毛をするというのも一つの方法です。永久脱毛は医療脱毛なのでどこででもできる所以ではなく脱毛クリニックで施術するもので、エステサロンでは施術を受けられません。その理由としては、永久脱毛は法律上の医療行為だからです。

というわけで、もし、永久脱毛を受けに行きたい場合は、脱毛クリニックを選ぶことになります。

大手脱毛サロンは世間の評判をとても気にするので、しつこい勧誘をすることのないように厳しく周知しています。

提案程度の話はされることはあるかも知れませんが、強引に勧誘してくることはないと思われます。

可能な限り勧誘を避けたいと考えるのならば、脱毛サロンの利用は大手サロンにしてください。

もし、勧誘を受ける状況になった場合には大事なのははっきりノーを言うことです。ムダ毛処理で抜くという方法は時間がかかる上にとにかく肌荒れになりやすいものです。

ムダ毛の処理方法として抜きつづけていると、皮膚が硬化し、皮膚の下に毛がもぐりこんだような状態に陥ります。

それに、毛を抜くことは毛根を切ることになる為、その部分に雑菌が侵入して感染を起こす怖れもあります。

ニードル脱毛を行うと、毛根内に細いニードルを直接差し込み、電流を流すので、施術を受けた直後は跡が赤く残る可能性もあります。

しかし、施術後に脱毛箇所を充分に冷やしておくと翌日には跡がすっかり消えている場合がほとんどだそうですので大丈夫です。

除毛クリームは肌に直接塗ることで、肌を覆っているムダ毛をきれいに処理します。

タンパク質を溶かしていく成分で、ムダ毛を取り除くという方法なので毛根や毛母細胞に働聴かけるものではありません。つまり、皮膚の表面のムダ毛に作用するメカニズムであるために、脱毛という定義には合致せず、厳密に言うなら、脱毛ではなく、除毛です。

全身脱毛を行う際に特に考えてしまうのが脱毛の効き目です。

脱毛の方法には多彩な種類(コレクターは全て揃えたくなってしまうものです)が存在します。

その中でも一番脱毛の効果が優れているのが、医療用レーザーでの脱毛の仕方です。医療機関だけ、使用しても良いことになっている質の高い脱毛法です。すごく脱毛の効果が高いので、永久脱毛希望の女性に向いています。一般に、脱毛サロンによっては生理中の施術は、断られることがあるようです。

肌が敏感になりがちなのが生理中であり、お肌に問題がおきるのを回避するためです。

施術を生理中でも断らないサロンがあるのですが、少し億劫なところもありますが、十分なアフターケアをしっかりした方がいいと思います。

当然のことながら、VIOの施術は行なえません。

Copyright (C) 2014 光の出力レベル調整と抑毛効果について All Rights Reserved.